アウディTTS

いつもお世話になっているM様が乗り換えられて御入庫頂きました



毎年定期的に入庫頂いているのでコストパフォーマンスに優れたスーパープロコートで施工です

下地に硅素系コーティングを施した上から更にフッ素系コートのダブルコート

ガラスコーティングの様な硬さと膜圧感は有りませんがスッキリとした艶とシリカスケールの着き難さでは定評があります



いくら高いコーティングを施してもお客様の使用用途に合わなければ全く無駄です



だから弊社ではリーズナブルなコーティングから高価なコーティングまで取り揃えています



用途、予算、動機を教えて頂ければちゃんとしたアドバイスができます



まずはご相談くださいね

ハイエース コーティング

いつも仕事にバイクにお世話になっているT様のハイエース

モデスタBC02でコーティングさせて頂きました

何かと忙しくすぐに洗車できない時もあるとの事で光触媒のある02を選択させていただきました

光触媒も選択理由ですが滑水系の撥水が強くないタイプなのも選択理由です









コーティングは高ければいいものではありません

洗車状況、保管状況、使用状況にコーティングが合わなければ意味が有りません

むしろガラスコーティングを選択しないほうがいい場合すらあります

ご相談はお気軽にご連絡ください

カワサキH2

川崎重工のフラッグシップモデル、ninja H2にモデスタBC06の施工をさせて頂いております。
クローム塗装の上からクリアー塗装しているため曇りなく綺麗に磨き上がった姿は必見です。



H2だけに限らずバイクは細かな部分が大変多く手の届きにくいところが多数存在します。

それに加えニーグリップなど塗装面に衣類が常に触れるためコーティングの硬さも必要となります。

モデスタBC06はその両面を備え尚且つ耐熱温度1000℃と高いためエンジンやマフラーにも施工可能となっています。



ブレーキ周りやホイール周りに施工を施しておけば取れにくいブレーキダストからキャリバーなど汚れ易い所も保護可能です。



趣味性の高い乗り物だけに常に綺麗にしておきたいですよね。



本来は・・・

ここ数年、弊社の代名詞と成っているのはペイントプロテクションフィルムでした。

事実、自分がそうなるよう努力とPRしてきたわけですから当然ですね(笑)

でも本来、ピカソクリエイティブは磨き屋として開業していたんです!

だから磨きとコーティングには強いこだわりがあります。

で、最近のお気に入りがこちらのコーティング剤!

モデスタさんが出しているBC05です。



これお勧めです!

しっとりとした柔らかみのある艶が塗装を品良く光らせてくれます。



もともと綺麗な車の白は我々から見たら一目瞭然ですが一般ユーザーからはビフォーアフターが分かりにくいのですよね。



でもこのように一目瞭然で艶が良いのが誰から見てもハッキリします。

磨き屋にとって一番難しい色だと思います。



で、何が言いたいかと言いますとコーティング考えているなら弊社にお任せと言いたいだけです(*^_^*)

弊社フェイスブックには多数の施工写真掲載してありますのでそちらもご覧下さい。
株式会社ピカソクリエイティブ フェイスブック

モールがピカピカに!

ヨーロッパ車によく有りがちなモール白濁現象。

新車でも直ぐに曇る事が有りますね。

一度曇るとコンパウンドでもなかなか取れない厄介者!

我々ディテイリング業者も頭を悩ませてるのが正直なところです。

そんなボルボV70を磨いて見ました。



この写真だと一見綺麗に見えますね。

でも近づいてよく見ると・・・



真っ白!

風景が写らないどころの騒ぎじゃないですね。

こうなってしまうとオーナーさんではお手上げです。

頑張って磨いてみました!



おお!

ピカピカどころか携帯で撮影してるのがバレバレですね。

でも細かい部分で磨ききれないとこも正直あります。



この様に樹脂の枠などが密着している際の部分は2ミリ程度磨ききれない部分も有りますが殆ど気にならないレベルかと思います。

このモールが濁っているとボディーがいくらピカピカでも今一つシャキッとしないんですよね。

何処と無く古く感じてしまいます。

ボディーをピカピカにするなら一緒にモールもピカピカにしちゃいましょう!

お困りの方、お電話お待ちしております。

ピカソクリエイティブへのお問い合わせはここをクリック

tag : モール 白濁 磨き メッキ

プロフィール

ピカソクリエイティブ

Author:ピカソクリエイティブ
ボディーコーティング、プロテクションフィルム、カーラッピング、ウインドフィルム等カーディテイリングの事ならなんでもお任せ!
XPEL製品販売、正規輸入元、技術指導、スクールも行なっております。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QRコード