FC2ブログ

最強の刺客現る!!

最強の刺客その1

今年から参戦予定のネオスタンダードクラスですが当店のお客様でもあるK選手より電話が鳴りました。

「先日の鈴鹿東コースで空気全く読む気ない人たちが空気読めないタイムで走っていたらしいよw」

現役国際ライダー、元A級ライダー、現役選手権ライダー等など数名。

うーんエンジョイがコンセプトのレースに違う意味でエンジョイしちゃう人たち。

めっちゃやる気出てきましたw

なんかすごく楽しい事になりそうです♪

きっと予選トップタイムは3秒代中盤位から前半でしょうねえ。

セッティングが煮詰まってくれば2秒台も見えてきそうな気配です。


最強の刺客 その2

シトロエンってフランス車を皆さんご存知ですか?

プジョーと同じグループが作っている車でFF車を世界で初めて市販化したメーカーでもあります。

そんなシトロエンのフラッグシップモデルのC6

この車が実にフィルム屋泣かせな車でして。

約15年、この仕事に携わってまいりましたがおそらく今までで一番難しかった車でしょう。

まずは内装を全バラにしないとフィルムが貼れない。

これに関してはディーラーメカの方に1日がかりでバラして頂きクリア。

でも本当の試練はここからでした。

さあ、この写真を良く見てください。

何が変かわかります?

どこが変なガラスかわかりますか?

縦方向の曲面は普通の車と変わりません。

が、よく見てください!

横方向の曲面、通常と逆に弧を描いているんです!!

最初は逆ぞリしてるけど普通に貼れるだろうなんて軽く考えておりました。

が、実際に貼ってみるとウインドフィルムって熱で成型して貼る事が一般的なんですが縮む方向には結構なところまで縮みますが伸ばす事は素材の性質上不可能なんです。

そのため熱成型は早々に断念して従来からのカット貼りで対応する事に決定。

帯で作ったフィルムを重ねて貼って熱線のところで上のフィルムと下のフィルムをでカットする方法です。

で、実際に貼ってカットしてみるとめちゃくちゃ難しい!

通常と逆ぞリの為、カッターナイフの力加減が全く上手くいかない。

重なった部分の手前のフィルムはカットできるものの奥側のフィルムが全く切れない。

当然奥のフィルムだけ切ろうと思ってみても微妙にずれて隙間があくので貼り直しになるわけなんです。

で、2回目。

またもや失敗・・・。

気分転換に近くのインドカレー屋でランチ。

更に3回目。

ランチを食べてリフレッシュしたもののまたもや同じ結果に・・・。

4回目。

もしかして熱成型できないかと思ってチャレンジするも敢え無く撃沈。

5回目。

涙目になりながらも撃沈

6回目

血の涙を流しても撃沈

この辺りで逆ぞリのせいでフィルムに過度のテンションがかかってカッターの刃が入りにくい事に気が付くものの対応策が思いつかない。

7回目

もしかして熱成型なんてしなくても1枚物で貼れるんじゃないかと冒険してみたらやっぱり撃沈。

8回目

次の予定に間に合うかと心配になりながらも撃沈。

9回目

力加減がわかってきてこれは行けたと思ったのもつかの間。

カットが成功し気が抜けたところでフィルムの水抜き失敗してフィルムが折れる失態・・・。

そして10回目

感動のフィナーレ♪

貼れた・・・。

思わず近くに居たメカの方々と喜びの万歳三唱♪

そしてサイドガラスは何の問題も無くあっさり終了♪

全体貼りあがりました

非常に長い1日でした。

ピカソクリエイティブ オフィシャルホームページ

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : お役立ち情報
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ピカソクリエイティブ

Author:ピカソクリエイティブ
ボディーコーティング、プロテクションフィルム、カーラッピング、ウインドフィルム等カーディテイリングの事ならなんでもお任せ!
PremiumShield製品販売、正規輸入元、技術指導、スクールも行なっております。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QRコード