FC2ブログ

Ferrari458spider

突然の雨凄かったですね。
ちょうど納車でお客様の所に納めて帰り道に雨に降られました。
あと10分遅かったらせっかく綺麗に磨いたお車が台無しになるところでした。
土砂降り ゲリラ豪雨 通り雨
店の前もこんな感じ。。。
短時間で店の前の道路に結構水がたまりました。

FacebookとInstagramでもご紹介したフェラーリコーティングをブログでもご紹介。
フェラーリ458スパイダー コーティング モデスタ
早くも誕生から10年経過しているんですね。
458が出たときは今までのフェラーリとはちょっと異色なデザインで驚いたのを記憶しています。
ナビ内蔵のインパネにも驚きでしたね。
10年も経てば結構な傷や汚れが蓄積してやれた感じがしてしまいます。
フェラーリ458スパイダー コーティング モデスタ
今のフェラーリは355までの頃と比べて塗装が年を追うごとに良くなっています。
355や40は磨く時にほんとビクビクしながら磨いていたのを思い出します。
あの頃はシングルポリッシャーだけでコンパウンドも今ほど豊富でもないし。。。
フェラーリ458スパイダー コーティング モデスタ
フェラーリ458スパイダー コーティング モデスタ
塗装もよくなれば機械や液剤も良くなっているので本当にありがたいですし格段にクオリティーの高い仕上がりができるようになりましたね。
フェラーリ458スパイダー コーティング モデスタ
フェラーリ458スパイダー コーティング モデスタ
フェラーリのデザインって基本は今も昔も大きくは変わっておらずやっぱりフェラーリだなと思います。
フェラーリ458スパイダー コーティング モデスタ
フェラーリ458スパイダー コーティング モデスタ
進化したのはコーティング材も同じでこんなに綺麗な艶を出してくれます。
デザインの綺麗な車は艶の出し方でラインが綺麗に見えるようになりますね。
個人的にフェラーリは滑るような艶が似合う気がします。
逆にランボルギーニはスカッとした艶が良いですね。
個人的なイメージですが。。。
フェラーリ458スパイダー コーティング モデスタ
ご依頼ありがとうございました。

ピカソクリエイティブのSNSはこちらから
Facebook www.facebook.com/picassocre/
Instagram www.instagram.com/picassocreative.inc/
EーMAIL info@picasso-cre.jp

tag : ペイントプロテクション ラッピング コーティング ウインドフィルム ストライプ 名古屋 愛知 フェラーリ モデスタ 458

ラスボス戦やいかに!

隠れていたラスボスことルノーカングー
朝から長い戦いが始まりました。
ルノーカングー コーティング ドアハンドル 爪傷
昨日ご紹介した通りドアハンドルの爪傷が物凄いのですがボディー全体も結構な傷と雨染み。
小さなお子さんが居るご家庭の送迎兼買い物グルマなので仕方がないです。
丁寧に仕上げていきます。
ルノーカングー コーティング ドアハンドル 爪傷
そして例のドアハンドル部分。
担当者頑張ってくれました!
血を吐きながら綺麗にしてくれました!
ルノーカングー コーティング ドアハンドル 爪傷
これならきっとお客様も喜んでくれるハズです。
もちろん細かなところは丁寧にて磨きで仕上げていきます。
ルノーカングー コーティング ドアハンドル 爪傷
ちなみに変な位置に貼ってあるマスキングテープは他のスタッフが見て気になったポイント。
担当者以外がチェックすることによって先入観や見落としを減らす目的です。
どれだけ経験を積んでもどこか彼処に見落としはあるものです。
結局1日かかって磨きまでが完了しました。
定休日明けにコーティングを行って最終仕上げです。

明日水曜日は定休日になりますのでご注意願います。

ピカソクリエイティブのSNSはこちらから
Facebook www.facebook.com/picassocre/
Instagram www.instagram.com/picassocreative.inc/
EーMAIL info@picasso-cre.jp

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

tag : ペイントプロテクション ラッピング コーティング ウインドフィルム ストライプ 名古屋 愛知 ルノーカングー 爪傷

怒濤の1日でした

今日は今朝から寒かったですね
これだけ寒暖差が激しいと体調おかしくなりやすいですね。
そんな時ほどコロナのリスクが高くなるので皆さんもお気をつけ下さい。

さて今日はとにかく怒濤の1日でした。
朝から引き取った車を今日中になんとか返却して欲しいとのご要望でしたのでてんてこ舞い。
それと並行して別の仕事もありますしたくさんの見積もりと月末の請求書の発送と。。。
新車とは言え並行車。
結構大変なんです。
長い船旅やモータープールでついた汚れがいろんなところに入り込んでいるため徹底して取り除くだけでも一苦労。
そのあとはいつもと変わらぬ磨き作業。
アルファロメオ ジュリア コーティング
夕方、出張作業から帰ってきたスタッフも動員して仕上げ作業。
拭き上げチェックから細かなディテイルチェック。
内装掃除と消毒も済ませられました。
アルファロメオ ジュリア コーティング
無事先ほど納車も完了したとこです。
ご依頼いただいたショップさんに喜んでいただけてほっといたしました。
さて、明日も大忙しですが頑張ります!
ではまた明日。

ピカソクリエイティブのSNSはこちらから
Facebook www.facebook.com/picassocre/
Instagramwww.instagram.com/picassocreative.inc/

テーマ : ボディーコーティング
ジャンル : 車・バイク

tag : ペイントプロテクション コーティング ラッピング ウインドフィルム 愛知 名古屋 アルファロメオ ジュリア

シトロエンBX

今日は久しぶりに施工車両のご紹介。
シトロエンBX
シトロエンBX コーティング
知らない人が殆どでしょうね。
シトロエンが輸入されて一番日本で売れたのがこのBX
実はその昔、我が家にもありました。
写真の車はボビンメーターの前期ですがウチにあったのは後期型でしたね。
まだ西武自動車が輸入したりマツダのユーノス店(これも知らないほとが多いか)でも販売されていましたね。
今は使われなくなったハイドロニューマチックがこの頃のシトロエンの代名詞でありました。
浮遊感のある乗り心地は独特で本当に乗り心地の良い車でした。
ハイドロの油圧が抜けると超シャコタン(笑)
エンジンをかけると「ヨッコラショ」って感じで車高が上がり走り出す瞬間にさらにもう一度リアがグイッと持ち上がる。
車と言うよりも別の生き物みたいな動きをする不思議な車でしたね。

あ、前置きが長くなってすみません。
年式相応に艶がなくなっていましたので慎重に磨かせて頂きました。
シトロエンBX コーティング
シトロエンBX コーティング
仕上げはモデスタBC05
撥水力のあるコーティング剤で艶と汚れの再付着をさせない人気のコーティング剤です。

このBXのCピラーにはアクリル製の小窓がついているのですがトップコートが剥がれてボロボロになります。
この車両もそうだったらしく黒く塗装がされていました。
でも部品はもう出ないのでラッピングでそれを再現することに。
メタリック印刷で窓の造形を印刷してオリジナルっぽさを出してみました。
0420575D-0D9E-4A5D-92CE-B7E3EA28CA18.jpeg
シトロエンBX ラッピング
写真が綺麗に撮れていなくてごめんなさい。
シトロエンBX コーティング
オーナー様にも大変満足いただけたようです。
今回は自分が子供の頃を思い出しながら楽しいお仕事をさせていただきありがとう御座いました。

ピカソクリエイティブのSNSはこちらから
Facebook www.facebook.com/picassocre/
Instagramwww.instagram.com/picassocreative.inc/

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

tag : コーティング モデスタ 名古屋 愛知 ラッピング シトロエン BX ペイントプロテクション

ポルシェのお話

いつものブログは施工例を取り上げていますが今日はちょっと趣向を変えたブログにします。
久しぶりに993ポルシェを磨かせて頂きました。
実は23年この世界で飯を食べていますが911の中でも993以前のモデルは本当にたくさん磨いてきました。
20181005005138d6b.jpeg
でも未だかつて本当の意味で自分が満足の行く磨きができたことがない車なんです。
ほんと、磨き屋泣かせな車です。
996以降の車と違って塗料が違うのもその一因ですし何よりもこのフェンダー
2018100500513966f.jpeg
本当難しい
ある意味自分の中で磨きを教えられた車でもあります。
自分がまだこの業界に入りたての頃は964もまだ新車で有った時代ですし新車を磨きもしましたね。
最近の磨き屋さんで964の新車を施工経験のある人もかなり少なくなってきているでしょうね~。
そう考えるともうベテランですな(笑)
そんな頃はポリッシャーもシングルのみでコンパウンドもバフも今みたいに豊富ではなく腕の差が今より明確だった気がしますね。
だんだん磨きの機械も液剤も進歩して磨きやすくなっては来たものの今度は911自体がどんどん古くなってコンディションが悪い車が増える。
で、さらに磨きのスキルが必要になる。
僕にとってこの車はいつの時代も自分にとってのベンチマークであり初心に帰らしてくれる車です。

今思えば仕事で成功して絶対に買うって心に誓って脱サラしたきっかけも911
子供の頃叔父が乗っていたのも911
初めて磨いたスーパーカーも911
同級生が仲間内で一番早くスーパーカーを手に入れたのも911
ずっとお世話になってる修理屋さんと知り合ったのも911。
他にもたくさん911とは色々な縁があります。
でも何故かいまだに手に入れられていないですよね。
引退する時までには綺麗な964あたりを手に入れてみたいと思っております。
老後の楽しみですね。
でもそんな頃には価格高騰してやっぱり手に入れられない高嶺の花となっている気がします。
どれだけ追いかけても捕まえることができないのが僕にとっての911です。

で、何が言いたいかと言いますとポルシェのご依頼お待ちしております!

tag : ペイントプロテクション 名古屋 xpel ガラスコーティング ボディーコーティング ポルシェ 911 PORSCHE 993

プロフィール

ピカソクリエイティブ

Author:ピカソクリエイティブ
ボディーコーティング、プロテクションフィルム、カーラッピング、ウインドフィルム等カーディテイリングの事ならなんでもお任せ!
PremiumShield製品販売、正規輸入元、技術指導、スクールも行なっております。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
QRコード
QRコード